« 女子だと感じる瞬間。 | トップページ | wikipediaで、母校訪問。 »

2007年7月18日 (水)

生きてるのって、しあわせ。

ついさっきまで、テレビのドキュメンタリー番組をみていたんです。

末期がんになってしまった、わたしと同い年の女の子が
入院してから2、3か月で亡くなるまで、病気とたたかったお話。

とっても痛くて、とってもつらかったに違いないのに、
彼女のことを大切に想うお父さんや彼や、友達に支えられて
闘病中も笑顔が多くて、闘病中でも「幸せ」と言っていた彼女が
とっても印象的でした。

わたしは同学年ってこともあって、他人事とは思えなくて
番組のはじめから5・9でした(:_;)

"明日が来るって、奇跡"
番組の中で紹介された、彼女のこの言葉が
今もわたしの頭の中から離れません。

わたしは"今日も楽しいことなかったなぁ"って
つい思ってしまうこともあるけれど、
大切なひとが、家族や友達がいてくれて、みんなが元気でいることが
何よりも一番しあわせなことで、これがなければ
"楽しい"はないんだから。

そう考えていたら、わたしをとりまいているひと、一人ひとりに
ありがとうを言いたくなりました。

そして、忙しい空港のシゴトにもなんとか耐えられるようなカラダに
産み育ててくれた親にも、ありがとうを言いたいと思います(*^-^*)

彼女のように、わたしもちいさなしあわせを
たくさんみつけていけたらいいなって、
そして元気で、みんなで笑っていられたらいいなって
すなおにそう思いました。


ちょっと今日はまじめになっちゃったけど、
番組を見ているうちに、なんだか
自分の本当の友達のように思えてきてしまった
24歳で時が止まってしまった彼女に、
わたしの感じたことを伝えたかったのかもしれません。

明日になれば…わたしはまた空港へ行き、
いつものようにシゴトをする。
そう考えるのはあまり好きではなかったんだけど、
でも明日もシゴトができるって、元気でいられるから。
みんなが支えてくれているから。
そう考えると、なんだか楽しみになってきた♪

みんなにも、わたしにも…
ステキな明日が、朝がまた来ますように☆

|

« 女子だと感じる瞬間。 | トップページ | wikipediaで、母校訪問。 »

コメント

私もその番組見たよ。
私は59ではなかったけど、
じわじわと涙が出ちゃいました。
いつも笑顔でステッキーだったね。
とっても強い女性だよね。
私がもし同じ立場だったら、あんな風に笑っていられないと思う。
いろいろ考えさせられた。

一日一日を大切に生きていきましょう。
彼女の分まで幸せになりましょう。

投稿: pinopuru | 2007年7月20日 (金) 21:23

>pinopuruさん♪

こんばんは☆
コメ返しが遅くなってごめんなさい(>_<)

わたしも、つよくてステッキーな女性に
なれるようにがんばろっと♪
まずは、ちょっと忙しくても
シゴトでひぃひぃ言わないことかな(笑)
いっぱいシゴトをして、いっぱいあそんで
いっぱい笑えたらステキですよね(^-^)

投稿: あーこ | 2007年7月22日 (日) 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子だと感じる瞬間。 | トップページ | wikipediaで、母校訪問。 »